ちょうどいい

今年はドンっと大雪は降らなかったですねぇ〜!!

 

雪予報が出た時は大人はガックリ( 一一)

子供は大喜びですが(^^♪

 

雪だるまが作れる、

雪かきもしなくて済む

私にとってはちょうどいい、雪の降り具合

 

EEF15FE7-6648-41AB-AA08-3DA56B92D6D0.jpg

 

 

 

先日は雪はホント「ちょうどいい」という言葉がぴったり

 

 

今年の節分はちょうど日曜日だったので

豆まきして

恵方巻食べて

楽しく過ごせました(^^)

 

9327-450x337.jpg945923-300x225.jpg

 

三寒四温

三日寒い日が3日続いて

温かい日が4日続く

 

段々温かくなってきます☀

 

温かくなってくるのは嬉しいですが・・・

 

今年も花粉が多いとか((+_+))

 

先日、私自身の調子がイマイチで花粉もぉ〜来たか、と

思って病院行ったら風邪と診断され、

良かったのか、悪かったのか:;(∩´﹏`∩);:

 

ダルさが一週間以上続きしんどかったのですが

子供の手紙に励まされました!(^^)!

 

「いつもがんばってくれてありがとう」

「きょうもがんばってくれてありがとう」

 

と(´;ω;`)ウゥゥ

 

学校の休み時間に書いてくれたらしいのですが

私の元気の源ですヽ(^o^)丿

 

自分が辛い時に支えてくれる

ちょうどいい居心地( ˘ω˘)☆

 

自分1人ではくじけそうな時、

手がかかると思っていた子供も成長して

いっちょ前に支えられているんだなぁ〜

と感じました(^^♪

 

皆さんの周りにも支えてくれる人が必ずいるはずです!

 

1人では決して生きられないのだから

 

近くにいると悪い所ばかり見えてしまいがちですが

一歩引いてみると色々な景色が見えると思います

 

ちょうどいい、心地よい

 

普通に過ごせることが当たり前と思わないで

一日、一日、無事に過ごせることに感謝を

感じるこの頃です

 

 

61_406.jpg

 

              ゆかり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:- | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
最近気になったニュース


寒い日が続きますが

皆さん  如何  お過ごしでしょうか⁈

暖かい春が待ち遠しいですね!

Kです。おはよう😃ございます。

 

先だって  ヤフーニュースで

会社を ダメにする [困った社員] 6タイプ...ってのが 載っていましたので 紹介致します。

 

強い組織にする為に 貢献するタイプと 弱体化させるタイプが 存在するそうで

頭文字を 取って[HELP ME]...と名付け

 

最初の4タイプは 救え無いタイプで有り

残り 2タイプは 救えるタイプだそうです!

 

(1)...評論家

評論ばかりして 自分は 何ら実践せず グズグズする人材...(H)

 

(2)...エスケープ

責任の有る仕事から 逃げてばかりいて 最小限の仕事しか請け負わない 人材...(E)

 

(3)...Love  Me

自分の事が 大好きで 自慢話ばかりを 周囲に する人材...(L)

 

(4)...プライベート

自分の機嫌が悪い事を 周囲に 撒き散らす。好き嫌いで 人事評価をする。 公私混同の 人材...(P)

 

(5)...悶々と働く

心の中で 思い悩む事を 抱えながら 働いているタイプ...(M)

 

(6)...延々と働く

真面目に 働こうとすれば する程 エンドレスに 働くタイプ...(E)

 

さあ 貴方(貴女)は どれかに 陥っていませんか⁈


 

カテゴリ:- | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
忍び寄る謎の気配

ある日・・・

真っ暗な道を、車での帰り道

 

あわてず、急いで、帰ろうと

必死で運転していたら

 

どこからか

 

ピタピタ…

ペタッ!!

ピタピタピタンッ!

 

と、変な音が、聞こえてきたので、

後ろを確認しました、でも

誰もいない・・・

 

   

 

しばらく走ると、また

 

ピタピタ…

ペタッ!!

ピタピタピタンッ!

 

かすかに聞こえてくる(>_<)

 

停まると、聞こえなくなる…(・・?

 

忍者に跡をつけられているみたい???

 

   

 

なんだか気味が悪いなぁ〜

なんて思いながらも無事帰宅

 

 

 

すっかり忘れて、翌日の帰り道

 

我が家も近づき、静かな道に入ると

また!!

 

ピタピタ…

ペタッ!!ピタン

 

   

 

何が何だか、わからず、

そのまま、車屋さんに直行しました

 

 

「なんだか気持ち悪いのょ

 後ろから、変な音がするのょ」

 

と、情けない顔で助けを求めたら

担当者が車のまわりを一周して

笑いをこらえながら

 

「後ろのワイパーが、切り裂かれてるょ

 誰かにイタズラされたんじゃない?

 修理してあげたいけど、今日はもう、

 みんな帰っちゃったから、今度、昼間来て(^^♪」

 

と言われて、

 

とっても恥ずかしかったのですが、

ホッ!!と安心しました

 

   

 

そんな、ある日の出来事でした

 

 

 

我社のシロアリ防除士軍団も

安心をおとどけします。

「人と人との繋がり」をモットーに、

あなたの大切な家の床下を守る見張り番です。

シロアリ・羽アリ駆除のことなら

三共関東消毒株式会社までお気軽にご相談ください。

 

                   チカコでした

カテゴリ:- | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大坂Vに思う「日本人」とは

宮家邦彦の 

  orld atch

 

 テニスの全豪オープン女子シングルス決勝を、

テレビをつけたり消したりしながら見ていた。

 

筆者が見始めるとなぜか大坂なおみ選手が劣勢に

なるからだ。心配で見ていられずテレビを消すと、

その間に彼女は盛り返す。ところが再びスイッチ

入れると、また負け始めるから不思議だ。

 

4回目に見たところでようやく試合は終わった。

うれしいはうれしかったのだが、どこか違和感も残った。

 

 そりゃそうだろう。

 

ハイチ出身の父と日本人の母、3歳で米国に渡り、

フロリダ在住の日米二重国籍保有者だから?

それだけではない。日本語より英語の方が得意だし、

米国を「ホーム」とも呼んでいる。日本のマスコミは

 

「日本人で初めて米豪連続グランドスラムタイトルを

 取った世界ランク1位」

 

の快挙を手放しで報じていた。

 

こうした報道と、ハイチと日本と米国という3つの

文化を代表する大坂選手の実態との間に乖離がある

と感じたからだろう。

 

 筆者の違和感はまだある。

 

全米オープン制覇の際、日本在住一部外国人識者が

日本社会の排外主義、「ハーフ」日本人に対する

差別や偏見を厳しく批判したことだ。

 

彼女は3歳で渡米しているから、日本国内の差別とは

無縁だろう。

こうしたステレオタイプの日本社会批判は時代遅れ

ではないか。

外務省で27年勤務し、台湾、米国、エジプト、

イラク、中国に住んだ皮膚感覚で言えば、この種の

差別や偏見自体は正当化されないが、極めて人間的

であり、程度の差はあれ、世界中どこでも見られる

ものだからだ。

 

 人間は弱い動物であり、自分と異なる個人や集団

には攻撃的になる。それが中東でのユダヤ教徒や

キリスト教徒であり、欧米でのムスリムなのだ。

 

日本に差別がないなどとは言わないが、欧米や中東

ほど恐ろしい迫害や差別は生じていない。

それにもかかわらず、日本だけを取り上げてその

排外主義批判を繰り返すことにも若干違和感を覚える。

 

 日本社会は今急速に変化しており、外国人の増加

により全国、特に地方での変化は尋常ではない。

関係地方自治体では、これらの外国人といかに共存を

図るかにつき、鋭意努力が続けられている。

日本は欧米諸国での失敗の教訓を学びつつ、現在進行

しつつある社会の多人種・多文化化に対応しようと

しているのだ。

 

 それにしても大坂選手は見事に日本を代表していた。

 

あの全豪オープンの表彰式では、自分のことよりも、

まずは対戦相手の努力と健闘をたたえ、戦えて光栄

だったと素直に述べる。その話し方、内容すべてが

彼女の謙虚さ、正直さ、礼儀正しさ、思いやりを

象徴している。これこそ日本人の良さであり、

彼女は英語でしゃべりながらも、こうした日本の美徳

を体現している。

 

それは幼い時期にしかるべき教育を受けたとしか思えない。

 

 彼女に比べれば、従来の自信満々だが自己中心的言動

に終始する世界チャンピオンたちの発言がいかにも陳腐

に思えてくる。大坂選手は単なる世界ランク1位ではなく、

テニス界のすがすがしい新たな風となった。

 

筆者が言っているのではない。

テニス専門誌の米国人記者が大坂選手を評した言葉である。

 

 昨年の全米オープンではS・ウィリアムズ選手が主審の

判断を不服とし、かっとなって暴言を吐いた後にそれを

「性差別に反対する女性の行為」と正当化していた。

両者を比べればどちらが美しいかは一目瞭然だろう。

 

 最後に一つだけ気になることがある。

 

大坂選手は二重国籍、日本の法律では22歳までに

どちらかの国籍を放棄する必要がある。

彼女が米国籍を選べば、日本は全米・全豪を制した

偉大なテニス選手を失うのだろうか。

彼女の去就は図らずも、日本とは何か、日本人とは

何かという重い問題をわれわれ日本人に投げかけて

いるのかもしれない

 

 

 

宮家邦彦(みやけ・くにひこ)

昭和28(1953)年、神奈川県出身。

栄光学園高、東京大学法学部卒。53年外務省入省。

中東1課長、在中国大使館公使、中東アフリカ局参事官

などを歴任し、平成17年退官。

第1次安倍内閣では首相公邸連絡調整官を務めた。

現在、立命館大学客員教授、

キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。

 

 

 

                I.N.O

             (今・・・何を・・・思う・・・)

 

 

カテゴリ:- | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
危険に学ぶ機会ない世代

     

             作家 曽野綾子

 

 

 今から半世紀以上前の青年たちは可能か不可能か

は別として、「希望」か「野望」かを持っていた。

末は「博士か大臣か」という通俗的な世間の期待

は時代おくれとしても。

 

 

 しかし今のほとんどの青年たちは、そうした

遠い、何十年も先の目標を持っていない。

冷静に現実に目ざめているからとも言えるし、

目標とすべきターゲットが短距離にあるように

なったからでもあろう。

 

 

 目標が近ければ成功率も高くなるし、

危険も少なくなる。失敗する確率はかなり減る。

 

 

 今から70年近く前、まだ無名の文学少女だった

私が、初めて高名な評論家の臼井吉見氏にお会い

した時、臼井氏は温かく皮肉な眼をしながら、

 

「文学をするには俗に女と金と病気の3つの苦労

 をしなければならないと言われているんです

 けど、あなたはそのうち幾つをしてますかね」

 

と言われた。

 

 

 つまり男性の作家志望者なら、女にはふられ

裏切られ、さんざん貧乏を体験し、

決して稀ではない程度に結核などにかかって、

ベッドから空を流れる雲を見ながら、

将来というものにいささかの保証もない

暗澹とした数年を過ごさなければならなかった

ものなのだ。

しかしこうした一見無残な挫折と不屈の時期に

人間は自己を建て直し、社会の風雨にさらされる

すべを学んだとも言える。

 

 

 もう、そんな時代は過ぎたと言われれば

私はすぐさま同意するだろう。

しかし近く人生を閉じる私の世代が生涯を

ふり返って往時を考えれば、近年の、

すべてが予定され仕組まれ計算された人生の

凡庸さにはない、

自然で強引な運命に翻弄される、

というおもしろさがあった。

 

 

 野の草は、人や獣に踏まれれば、

その場で折られたり倒れたりする。

しかし危害の元になる存在が立ち去れば、

多くの場合、必ず根本から栄養を吸って

起き上がる。

 

 

 踏まれるシナリオは決して望ましいもの

ではないが、立ち直ることが生命力の存在の

証であり、また希望でもあった。

 

 

 自然を生き抜く野生の動物は、本能という

で、いつも起こり得る運命の変化に対処して

構える能力を磨いている。

しかし今は自分の行動の予定、その実行と

齟齬に対して、スマホやパソコンも使って

頼れるから、そのプログラムにない状況が

出てきた場合、自分ではどうしていいか

わからないらしい。

 

 

 突然のできごとに対処できてこそ

生きる資格のある動物なのだと思うが、

今の子供たちは、

予定にないこと、予定が狂うこと、

予定に危険が含まれていることを避けたがる。

 

 

 近年まで、私は毎年のようにアフリカに

行っていたが、若い世代を誘っても

 

「行きたくない」

 

と断る人がかなりいた。

不潔、不便、コミュニケーションの不備

などが、いやなようだった。

 

 

 私はアフリカから帰る度に、

 

「アフリカは偉大な教師です」

 

と言っていたが、アフリカを避ける彼らは、

アフリカから学ぶ機会も失って、しかも

少しも残念だとは思わないようであった。

 

 

 

        I.N.O

              (今・・・何を・・・思う・・・)

 

カテゴリ:- | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
畳をあげたら あら大変

さてさて皆様、遅れ馳せながら

 明けましておめでとう御座います🎌

と言っても、もう新年も明けて 
ひと月が経ってしまいますね😅
いかがお過ごしでしょうか、防除士のAです。

ちなみに1月27日は
日本の国旗 、
日の丸が制定された
「国旗制定記念日」なんですって。
ご存知でしたか?

日の丸の由来や
歴史、意味など分かりやすく書いている
ブログがありましたので
ご興味ある方はご覧ください😋
そのほか気になる記事も多く
楽しめます。

日本文化研究ブログ| Japan Culture Lab


ところで、最近は寒い日も多くなって来ましたが、
やはり暖冬ですよね。

天気の良い日は
日中、暖かいを通り過ぎて暑いくらいな時も。
ジャンパーを脱いでしまうくらいです😋

暖冬のせいか、
冬だと言うのにシロアリも
元気にやっておりました🐜

先日お伺いした御宅ですが、
床下はシロアリの通り道である蟻道がいっぱい😂

床下から和室の床板の上まで延びていたので
畳をあげるとご覧の通り。


拡大するとこの通りシロアリが🤣




長い蟻道を伸ばして
案の定 畳も食害されており
施主様も唖然としていましたが、

今回、早めに気づけて良かったと
喜んでおりました。

とにかく、冬眠しないシロアリは
今年も元気いっぱいの様です。

ほっておくと知らぬ間に
大事なお家が食べられちゃいます。

まずは何より点検が大切。
手遅れになってからでは大変です!

皆さま、お気軽に三共奉行までご相談下さいね😊





カテゴリ:- | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
こんにちは岩丸です(^_^)
とにかく毎日寒いですね!
今年はインフルエンザが猛威をふるっているようなので体調には気をつけて!!
寒いといえば秋田県に行って来たのですがとにかく寒かったです(´ω`)
子供達は楽しそうに遊んでいましが

大人には厳しいです(T_T)
つい先日も恒例になった釣り(^_^)
川場フィッシングプラザに行ったのですが

雪!!!
厳しい天気でしたが沢山釣れたので良かったです(*´∇`*)

話は変わりますがうちのサケの赤ちゃん達は2センチぐらいまで成長しました

あと2ヶ月大事に育てたいと思います(^_-)
カテゴリ:- | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
寒い寒い!

こんにちは施工部のマナブです(*^ω^*)

新年を迎え毎日寒い寒い言っている近頃ですが、お正月休みを利用してこんな所に行って来ました!

皆さんも大好き東京ディズニーランドです(*´∇`*)

ディズニーランドは35周年とお正月休みもあって、右見ても左見ても人!人!人でした!笑

ただ、夜は海からの風もありとにかく寒かったなか、こんな物を見ていました!

シンデレラ城に映し出されたプロジェクションマッピングです(^^)

寒かったですが、なかなか良かったです!

他にも休みの間に久々にこんな事をしてきました(o^^o)

それは…。

初日の出を見てきました♪

ここも見ている最中はかなり寒かったですが、綺麗な初日の出を見に来て良かったと思いました(*´꒳`*)

まだまだ寒い日が続きますが、体調に気をつけながら頑張っていきます!

カテゴリ:- | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドローン

防除士 秋です。

2019年我が家にドローン導入しました。

とはいってもまだ操縦したことない為練習用にトイドローンを一台購入!

これでうまくなったら上位機種をねらいます!

こんな小さいやつでもカメラも付いていてスマホで見ることできちゃいます!

一万円位の遊び道具としたらかなり満足度が高いです!

みなさんも是非やってみてください!















カテゴリ:- | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新年初の……

明けましておめでとうございます(^-^)

まことです。

 

皆様は良い年越しができたでしょうか?

私は寝正月でした(笑)

毎年、年明けになると掛かってくる電話……

まぁ親戚の甥っ子姪っ子によるお年玉おねだりなんですがね(笑)

 

さて、今年もやって参りました!!

まことの釣りバ○日誌!!!(違)

今回行った所は沼田!

9:00頃〜17:00までやってましたが、

最初から15:00時頃まで雪が降ってる状態でした(笑)

手が悴んでルアーを変えるのが大変でした(。-∀-)

 

but 成果は上々♪

10匹位は釣ったと思いますヽ(´▽`)/

途中からリリースしてたので正確に覚えていません(笑)

小さいですが、釣れてる所です♪

連れてってもらった先輩の分も入ってますが、こんなに釣れました(*´∀`*)

 

次回! 『まことの釣り○カ日誌 〜まこと爆釣の巻〜』をお楽しみに♪

(確約は出来ませんm(_ _)m)

 

以上

まことでした。

カテゴリ:- | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/162PAGES | >>