他人の幸せは蜜の味??

他人を幸福にするのは、

香水をふりかけるようなものだ。

ふりかけるとき、自分にも数滴はかかる。

 

ユダヤのことわざ

だそうです。

 

 

 

 

対人関係での基本はギブ・アンド・ギブ

与え続けることでいつかテイクがあるかもしれない

でも、大切なのはテイクを期待しないこと

 

と、どこかで、聞いたことがあります

 

ギブ・アンド・ギブが人を強くする♪

 

 

 

 

だれかの喜ぶ顔をイメージしてみることで、

不思議な力がわいてくるかもしれません

 

 

私たち

三共の害虫シロアリ防除士軍団

(公社)日本しろあり対策協会正会員のスタッフは

安心をおとどけします。

 

   

 

「人と人との繋がり」をモットーに、

あなたの大切な家の床下を守る見張り番です。

シロアリ・羽アリ駆除のことなら

三共関東消毒株式会社までお気軽にご相談ください。

 

 

 

あなたの喜ぶ笑顔が見たいから・・・

 

                  チカコでした  

カテゴリ:- | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
皇室を後世に残した先人を誇る

皇室を後世に残した先人を誇る

 

 

正論

 

 

日本は諸外国の羨みの的

 

 

 4月30日をもって平成の御代が終わる。

昭和の時代が一段と遠のくことに

一抹の寂しさを覚えるものの、

次なる御代がいかなるものになるのか

ポジティブに期待する感覚もある。

外国に暮らしていると、

皇族の訪問があると嬉しい。

この情はロジック(イデオロギー)では

けっして説明できない。

 

 日本に皇室が存在することは、

国王を失った諸外国にすれば羨みの的である。

フランスは燃え盛る革命思想の中で自ら王室を棄てた。

共和制こそが自由と平等を実現する。

そう信じる国民の熱狂の中でルイ王朝は姿を消した。

理論上は皇室(王室)がなくても愛国心は持てる。

しかし人間はそれほど高級な生き物ではない。

皇室のような目に見える存在を媒介にしなければ

愛国の情や民族の誇りを持つのは難しい。

外国に暮らしているとそれが身に染みる。

 

 首相に代表される名の知れた政治家も、

時に筆者の住む地(カナダ)を訪問するが、

皇族訪問時のような感慨は湧いてはこない。

言わずもがなであるが、政治はきれいごとではない。

酸いも甘いもかみ分けるしたたかさを持ち、

時には虚言も弄さなくてはなるまい。

世俗の象徴ともいえる政治家は純粋な愛国の象徴にはならない。

皇族が「穢れ(政治)」から超越する存在であるからこそ、

国民は愛国の情を漲らせることができる。

 

 

王室を専制の象徴とした米国

 

 王室を失った国の民もそのことに気づいている。

自由平等の理念をいくら学んだとしても、

その理屈と愛国の情の溝は埋まらない。

王室という存在はその溝を埋めるツールであることを

先人たちは学び後世に伝えてきた。

かつてヨーロッパ諸国のほとんどが王室を持っていた。

先述のフランスもそしてロシアも革命の熱狂の中で

自ら王室を棄てた。

一方で外圧によってそれを失った国も多かった。

 

 アメリカが国是だった孤立主義「モンロードクトリン」

を棄て、ヨーロッパ大陸の争いに参戦を決めたのは

1917年4月である。

理想主義に燃えるウッドロー・ウィルソン大統領は

参戦したかったが、外国のもめ事に介入する大義を

国民に説明できなかった。

 

 ところが幸いにもロシア革命でロマノフ王朝が

倒れたことで、国民に「民主主義国家対専制国家の戦い」

であるとの説明が可能になった。

ドイツとその同盟国は専制国家(悪い国)であり、

それに抵抗する国はすべて民主主義国家(良い国)である

と訴えることで、アメリカ国民に参戦やむなしと

納得させたのだった。

王室の存在が専制の象徴であるとする単純な訴えが

功を奏した。

彼が世界に向けた14カ条の平和原則(18年1月)は、

現在進行形の大戦が「善」と「悪」の二元論で

単純に説明できる状態にあったからこそ発することができた。

 

 ところが突然にロシア革命政府が単独対独講和を

結んでしまった(ブレスト=リトフスク条約、18年3月)。

これによってドイツは東部の軍を西部戦線に

展開させることが可能になった。

この結果、西部戦線の戦いは一層苛烈になった。

それでも連合軍は次第に優勢になった。

訓練を終えた米軍が前線に向かったからである。

 

 そうした中で、ウィルソンはドイツ宥和派に対して

「甘い」講和の条件を投げかけた。

その肝はドイツの政体を共和制(民主主義体制)に

変更すれば懲罰的な賠償を科さないという点にあった。

ウィルソンの言葉を信じた宥和派は、

専制の象徴になっていたヴィルヘルム2世を

強引に退位させ休戦を実現した(18年11月11日)。

こうしてドイツから王室(ホーエンツォレルン朝)が消えた。

 

 

立憲君主国家のほうが幸せだ

 

 オーストリアハンガリー帝国でも事情は同じだった。

11月11日、ウィーンでは皇帝カール1世が退位しないことを

条件に政治への関与を否定する声明を出した。

しかし、結局は共和国となった。

ヨーロッパ王家の象徴ハプスブルク家は

カール1世のポルトガル領マデイラ島への配流で潰えた。

 

 共和制の実現で講和条件は寛容になるはずだったが、

パリ講和会議(19年)ではその約束は守られなかった。

連合国との講和は屈辱的なベルサイユ条約となり、

ドイツは全植民地を失い国土も寸断された。

オーストリアはアルプス山中の小国となった(サンジェルマン条約)。

ベルサイユ条約の不正義がヒトラーの呼び水となった。

 

 ヨーロッパ諸国に残る王室も第二次大戦を経て

次々に消えていった。

ブルガリア(46年)、イタリア(46年)、ルーマニア(47年)、

ギリシャ(73年)。

左翼思想の高まりで王室が持つ機能を

理解できなくなった結果であった。

 

 一方でスウェーデン、ノルウェー、デンマーク

などは王室を温存した。

理論的には共和制が立憲君主制に劣ることはない。

しかし、筆者には王室を戴く立憲君主国家のほうが

安定している(幸せである)ように思えてならない。

 

 御代替わりを控えて、戦後の混乱期にあっても、

皇室を後世に残してくれた先人の努力に頭が垂れるのである。

 

     日米近現代史研究家

        渡辺惣樹

 

 

             I.N.O

                        (今・・・何を・・・思う・・・)

カテゴリ:- | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
質疑より国民守る行動を

質疑より国民守る行動を

古典個展 大阪大名教授 加地伸行

 

 NHKは、ほぼ毎日のように国会審議

それも予算審議を放映しているので、

視聴している。

 

 放映は、いわば公共放送の立場として

当然のことで、その内容について責任はない。

 

 となると、その内容の責任は、与野党を

問わず、質問者側にある。しかし、そういう

自覚が果たしてあるのだろうか。

 

 野党の質問は、質問というよりも、政府の

失態を引き出そうとする厭がらせが多い。

 

 おそらくその狙いは、現政権は信頼できない

というイメージを作り出し、近く行われる諸選挙

において、与党の票数を少しでも減らそうという

安っぽい党利党略上の質問。

 

 その中心となっているのが、厚生労働省所管の

賃金構造基本統計等の諸統計作成において、

法令通り行われていなかった結果、給与に

影響(最低賃金の決定など)があったらしい

とのこと。

 

 この話、老生、なんのことやらよく分からない。

というのも、この種の統計の結果が、

多くの人に対して現行の諸給与に影響を

与えているとはとても思えないからである。

実際の給与の大半は、基本的にその会社等の

経営実態に基づいて決める、決まる

というのが常識ではないのか。

統計でいくら論じたとて、景気のいい会社は

給料が高く、その逆は低い、とならざるを得ず、

統計の数値があったとてほとんどお飾りに過ぎぬ

 

 という風に考えると、国会での議論は、

それこそ国民生活とほとんど無関係、

議論のための議論に過ぎぬ。

 

 嘘だと思えば、今すぐアンケートでも

してみることだ。その統計に関心のある人

が半数を超えることなど絶対にない、

と断言しておこう。

 

 国会の議論が、そんな下らぬことで

この時期をつぶしていいのだろうか。

 

 日本の周辺は、なにやらきな臭くなって

きている。

朝鮮半島の北においてクーデターなし

とは言い切れない。南からは、日本への

不法滞在者。すなわち日本海沿岸の警備が

深刻となってきているのではないか。

 

 やけくそになった北からの日本への1発

(最悪のときは核)も、なしとしない。

 

 また、中国において習近平政権の弱体化が

起こるならば、求心力回復のため、中国による

台湾周辺の海の封鎖があり得る。

 

 もちろん、そういうことにならないように、

日本は日本なりの努力をすべきだが、

それ以外、常に最悪の事態を考慮しておくのが

政治ではないのか。

 

 しかし、そういう議論をしようとしていない

のが国会の現況であり、政治の体を成していない

と言うほかない。

 

 ならば、政権・与党は、野党との下らぬ

質疑は適当にしておき、万全を期して

非常事態への対策を作っておくことだ。

そしていざというとき、すぐ国会を

通して立法化することである。

 

 それが、今日の日本における

緊急にして最善の政治であり、

国民を守る最強の方法である。

 

 古人曰く、

知者は知らざることなけれども、

当に努むべきをこれ急となす、

と(『孟子』尽心上)。

(かじ のぶゆき)

 

             I.N.O

           (今・・・何を・・・思う・・・)

 

 

 

カテゴリ:- | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夕暮れ

本日は、夕暮れを表す言葉についてです

 

     

 

黄昏

一日のうち日没直後、雲のない西の空に夕焼けの名残りの「赤さ」が残る時間帯。

西の空から夕焼けの名残りの「赤さ」が失われて藍色の空が広がると、

「まがとき=禍時」という時間帯に入る。

 

逢魔が時

夕方の薄暗くなる、昼と夜の移り変わる時刻。

読んで字の如く、逢魔時は「何やら妖怪、幽霊など怪しいものに出会いそうな時間」、大禍時は「著しく不吉な時間」を表していて、昼間の妖怪が出難い時間から、いよいよ彼らの本領発揮といった時間となることを表すとする。

 

火点し頃

明かりをともす時刻

 

薄明

日の出のすぐ前、日の入りのすぐ後の、空が薄明るい(薄暗い)時のこと。

大気中の塵による光の散乱により発生する。英語のトワイライト(twilight)も薄明のこと。

 

薄暮

日没後の黄昏を指す。一般的には、日没後の太陽が地平線より6度程度下にある時間帯である。屋外で物体の区別はできるが、屋外で活動するには光の量が十分ではない。

 

暮れ紛れ

1日の後半(午後遅く日が落ちてから夜まで)

 

暮れなずむ

日没どき、日が暮れかけてから暗くなるまでの間の様子。「暮れ泥む」と書く。多くは春の夕暮れを表す。「泥む」とは物事が停滞すること。

 

それぞれ、なんとも情緒のある、そして、ひとことで夕暮れの時間帯を表すことができる言葉ですね

 

海外の言葉には、訳せない日本語というものも多いらしく、

海外から日本に来た人たちが、それぞれのお国に帰った時に、

日本語にしかない言葉でその感動を表現してしまう

 

     

 

でも、通じない!!

 

     

 

イライラする

 

     

 

って聞いたことがあります(*^o^*)

 

日本語は素敵な言葉ですね

日本語っていいな

 

          チカコでした

 

カテゴリ:- | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
高齢者の幸福とは何か

高齢者の幸福とは何か

 

 

 配偶者を失って独り身になった高齢者が、

ほどほどの暮らしをしていると、周囲は

「まあ、あの人も、一応生活も安定してよかったねえ」

などと言う。しかし当人にしてみれば、

安泰に生きていられれば幸福か、

という疑問もあるだろう。

 

 男性なら、退職までの職場で、もう少し

おもしろいこと、働きを見せられる場面が

あってもよかった、と悔やんでいるかもしれないし、

女性なら長い平凡な結婚生活で、少しも

胸ときめくこともなかったということに、

悔悟の思いを抱いている人はかなりいるだろう。

 

 もしその人の生活が「食うや食わず」だったら、

食うということが、冒険と成功の達成目標であった

はずだ。しかし社会が整えられ、誰もが一応

食うことができるようになると、人々はそれだけでは

満足しなくなる。

 

 私もその一人だが、配偶者を見送った後、

深い疲労であまり健康とはいえない。

シリアなどのニュースを見るにつけても、

私は疲れたと言っている自分を、怠け者、

贅沢と感じ、もし周囲が戦乱・動乱の巷と

化していたら、私は洗濯だらいに鍋や

当座の衣服を入れて頭に載せ、孫たちの

手を引き、何十キロでも裸足で逃げている

だろうと思う。これが典型的な難民の姿だ。

それなのに、私たちの暮らしは実に恵まれている。

 

 先日も、老後の暮らしについて話が出た。

一人の高齢者は、若い時から自分の自由になる

お金を好きな贅沢に使ってきた。社交ダンス

だったか日本舞踊だったか、とにかく自分も

出演できる場にお金を使った。そして老後の今、

生活保護に頼っている。身内や周囲の友人に、

小遣いをたかるのも非難の的だ。

 

 しかし毎日、自分の居間のソファに座り、

何の変化もなく暮らしていることが安泰な老後

といえるかどうか、ということになると、

同年配の高齢者の見方はさまざまに分かれた

のである。

 

 私はどちらかというと、月日は巻き戻せない。

だからその時々、濃密な生き方をした方が勝ちだ、

という無頼派に近い考え方をしている、

という自分に気がついた。

つまり一生の最後に近くなって考えてみると、

「ゴメンナサイ」と言って、自分の好きなことを

して逃げてしまう方が得をしたように思える

のである。

 

 そういう好みと明らかに対立しているのだが、

最近になると、人生でもし二つの選択肢に立つ

人間になったら、深く傷つく立場を選べる人間に

なりたくもある。

 

 いずれにせよ、高齢になるということは、

途方もない解放を与えるものなのだ。

よくも悪くも先が長くない。よいことにも

さして執着せず、悪いことにも深く傷つかない。

こういう幸運な高齢世代が日本には実に多くいる、

ということだ。

 

 しかしもし私が政治家だったら、こういう人たち

(つまり先の長くない)高齢者の幸福にも深く心を

使うだろう。外国風に言うと、そういう行為こそ、

神が祝福されるものだからだ

 

 

          曽野綾子(その・あやこ)

                1931年、東京生まれ。幼少時より、カトリック教育を受ける。

                 53年、作家・三浦朱門氏と結婚。54年、聖心女子大学英文科卒業。

                 79年、ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章受章。

                 93年、恩賜賞・日本藝術院賞受賞。

                 97年、海外邦人宣教者活動援助後援会代表として吉川英治文化賞

                    ならびに読売国際協力賞を受賞。

                 98年、財界賞特別賞を受賞                                          

                2012年、菊池寛賞受賞。

                1995年12月から2005年6月まで日本財団会長を務める。

                2012年まで海外邦人宣教者活動援助後援会代表。日本文藝家協会理事。

                2009年10月から2013年6月まで日本郵政株式会社社外取締役。

 

 

 

             I.N.O

                        (今・・・何を・・・思う・・・)

カテゴリ:- | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
暖かくなってシロアリも活発に!

 

どーも!花粉症のトオルです😆

 

今年は花粉症が個人的に酷いですね💦鼻から水の様に出てきます!

最近、上を向いている事が多くなって来たような気がします。。。

 

それもこれも暖かくなって来たせい?で花粉が飛び散っているからでしょうか💦

 

暖かくなって飛び散るといえば羽アリです!

4月の後半にもなれば羽アリシーズン到来です!

 

先日もシロアリが活発に食害していました(°_°)

これは床がフカフカすると言うので点検したお宅です。

 

束石に蟻道が、、、

 

 

束柱〜大引に蟻道がビッシリです!(◎_◎;)

 

 

ドライバーを指してみると、、、

 

 

木材の中は空洞です(ToT)

 

 

これではフカフカするのも頷けます💦

 

床下は普段、見えないので酷くならないとわかりません!

何ともないのに越したことはありませんので 最近検査してもらっていない方は

定期的な確認をお勧めします。

 

その時は白蟻奉行までご連絡を(´⊙ω⊙`)

カテゴリ:- | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
家族が増えた


ここ数日温かい日が続いたと思ったらまた急に寒くなったり気温の寒暖差が激しいので体調ご注意ください 私もちょっと風邪気味で喉が痛いです ノリちゃんです


義母のところに里子に出したヤンチャボウズが戻って来てしまい(困ったものだ・・)


何せバカが付くほど力が強いので 急に後方に引っ張って転倒させ義母に大ケガをさせてしまい(腰骨の圧迫骨折)即入院‼絶対安静‼


お陰様で3週間で義母は退院出来ましたが・・


とても犬の面倒🐕をみられる状態ではないので・・多分このままずっとウチで飼うことに・・?




先頭のコイツです 名前は『ごん』  大関の高安に似てるので・・『ごん高安』って呼んでますが・・(笑)


それに伴ない犬小屋が手狭になってしまったので・・1棟増やすことに・・当社SI氏の作品をリフォームして屋根を付け壁を張り替えて




隣のグリーン屋根は当社IW氏の作品で住環境が非常に快適である為か?🤗代わる代わる愛犬が利用しております(大感謝)




雨が降ると 小屋の場所取りで争いが起こるので・・必要なんです


これで暫くは大丈夫でしょう😊


それとこの時期バラの🌹新芽の🌱剪定を・・


芽を摘んで陽当たり風通しを良くしておかないと・・病気や虫 カビ等が発生しやすくなるので






こんな風な感じでスッキリと・・同じようにこっちも






これでOKです😉






住宅の床下も全く同じように白アリ(害虫)やカビが発生しますので 特にこれからの季節 羽アリ等の虫を見つけてたら即ご連絡を


《白蟻奉行》をご検索ください


早期対策が肝要です





カテゴリ:- | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
栃木

こんばんは施工部のマナブです(*´꒳`*)

先日休みを利用してこんなところへ行ってきました♪

華厳の滝です(*^ω^*)

上の写真が華厳の滝ですが、中禅寺湖の水が、高さ97メートルの岸壁を一気に落下する壮大な滝で、自然が作り出す雄大さと、華麗な造形美の両方を楽しむことができます☆

この日は雪が舞いなかなか幻想的な風景を楽しむことが出来ました(^ ^)


華厳の滝を後にしてこんな所にも行って来ました!

日光東照宮です(*´∇`*)

日光東照宮は、徳川初代将軍・徳川家康を祀った神社、1999年に「日光の社寺」として世界遺産に登録されたことで有名ですが、久々に行きましたがなかなか良い所でした^ ^

中に入ると

まず五重の塔があったり、スゲーの一言です!笑

また、日光東照宮は、動物をモチーフにした彫刻が多くあるのも特徴なのですが

これは「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な三猿の彫刻です!

他にも

「眠り猫」などなんとも可愛らしい彫刻♡

けど、実は寝たふりをしながら、家康を守るためにいつでも飛びかかれる姿勢をしているとも言われているみたいです!

久々に日光東照宮に参拝をして来ましたが、パワーを貰えたような気がしました♪( ´▽`)

カテゴリ:- | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
旅立ち
こんにちは岩丸です( ^∀^)
もうすっかり春の陽気になりましたね!!
3月といえば卒業シーズンですね!
我が家も今月旅立つチビ達がいます!
あっという間の数ヶ月

うち来た当時はまだ50個程のイクラでした
3ヶ月で3センチぐらいの稚魚に育ちました!
そして旅立ちの日
気温はまだまだ寒いですが風もなく穏やかな晴れ!

大海原目掛け元気に泳ぎだしました( ´∀`)
3〜4年後、産まれた川に戻って来られるのは、わずか500分の1程度
自然は厳しいですm(._.)m
頑張って生き抜いてほしいと思います!!

話は変わりますが先日いつものメンバーで釣りに行ってきました。
いつもは塩焼きにしていましたがインターネットで検索して干物にしてみました^_^


干物も有りだと思いました( ̄▽ ̄)
カテゴリ:- | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一間の不思議

 

桜花の候  みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

畳一枚の大きさとか

柱と柱の間とか

廊下の幅とか

この仕事をするまで考えたこともなかったのですが……

一間(イッケン)×一間(イッケン)が一坪

畳2枚分です。

およそ182cm×182cm

“いつから?”

“どうして?”

などは定かではないようですが、

肘から指先までがおよそ30cmで一尺

三尺が半間

六尺が一間

今でも、大工さんとか畳屋さんからは耳にします。

図面でも、メーターモジュールなど例外を除いてこの表記です。

この「間」

 

間取り・広間・客間のように空間的な広がり

昼間・つかの間・あっという間のように時間的な感覚

仲間・人間・世間のような人間関係を表していたり

 

日本人独特の美意識とも言えそうな

台詞と台詞との間であったり、

会話と会話の静寂であったり、

音の拍子のとり方であったり、

 

いい間のとり方だと心地よく、

間が悪いと間違いになり、

間をとりすぎると隙間風が吹いたり、

時に間抜けだったり、

 

畳一畳

91cm×182cm

関係性によって肩が触れあったり、正座して向き合ったりの

距離感や境界線

キリのいい1mでもないのに。

最近、日本人も体が大きくなってきたけど、

「起きて半畳、寝て一畳」

広過ぎず、窮屈過ぎず

“足るを知る”

謙虚で配慮のある大きさ。

一間って絶妙な間なんだと改めて感心しました。

 

花冷えする季節です。

ご自愛くださいませ。

 

防除士のめぐみでした。

 

カテゴリ:- | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/165PAGES | >>