<< カビ〜ン | main | 魔の季節・・・ >>
二十四節気「雨水(うすい)」
まだ寒さが残りつつも、雲も雪より雨を降らせ、
 
積もった雪も解けるようになる頃…
 
それが二十四節気「雨水(うすい)」

だそうです

 

 
2月19日頃
および、この日から啓蟄までの期間
立春から数えて15日目頃
 
今年は、新暦の2月19日があたるそうです
 

 
冷たい雪が暖かい春の雨に代わり、大地に潤いをあたえる頃。
寒さもゆるみ、眠っていた動物も目覚め、草木が芽生える頃で、
昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。
春一番が吹くのもこの頃です。
 

 
しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。
三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。
 
…と、どこかに書いてありましたきゃあせ
 
 
大雪の予報に、ドキドキしないで済む
が早く来ないかなぁ〜ニコッおんぷ


                                    チカコでした わーいわーい

 
カテゴリ:- | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック