害毒とも共存する人間

小さな親切、大きなお世話

 

         作家 曽野綾子

 

 

 ジャーナリズムの世界の人に「お宅ではコロナはどうですか」

などと聞かれると、私は返答に困る。

 

 わが家ではコロナが流行しようとしなかろうと、

生活はほとんど変わらない。

私は家庭の平和のために帰宅時には一応手を洗うが、

実は昔から丁寧に手を洗う習慣もないのである。

家族の会話の中にも、社会の傾向として以外に、

「コロナ」が出ることもない。

 

 手洗いというものは、私にとってまことに

現実性の伴いにくい行為なのである。

もちろん私も同じ屋根の下で暮らす人たちのためにも

清潔は心がけているが、私は時々途上国に行くので、

そういう国で病気にならないためには逆に常日頃、

少々の不潔に慣れておく必要がある。

と心の中では思っている。

しかしこういうことはあまり人には言わない。

家族にも言わない。

 

 現世の「事情」は必ず善悪混合で、「嘘つき」も困るが

「嘘をつけない人」も始末に悪い。

カトリック教会では、昔はミサの中で無言のうちに神に

「わが罪」の許しを求める場があった。

恐らく罪を犯さない人は現世に一人もいない、

という前提のもとに、

「おお、私の罪よ」と無言で嘆く場があったのだ。

 

 しかし私は後年、ある座談会の場で、作家の一人が、

「僕は生涯に、罪なんか犯したかなあ」と言う場面に遭った。

 

 罪といってもいろいろある。

殺人、放火、窃盗などの明快な罪は、今までのところ私も

犯したことがない。

しかしサボり、手抜き、わざと忘れてほうっておくこと、

不誠実など、「微罪」は無数にある。

 

 別に前科者同盟を結ぶわけではないが、

人間、いささかは心やましい部分がないと人間になれない。

果物でいうといたんだこの部分が、果実の味にあたる

人間総体の魅力を促し、何より他者に寛大にもするのである。

 

 この人生の芳香の部分を大切に思う人が、

芸術などの仕事にかかわる。

芳香などというものは、果物の出荷時の値段にはかかわらない

と思う人は、役人になる。

別の資質で果物を評価しているのだ。

それはそれで立派な評価基準である。

 

 無理に説明してみると、私も家族もコロナにかからない、

と思っているわけではない。

しかし必ずかかるわけでもない、と思っている。

生きている限り、ウイルスは外部から入ってくるだろうが、

それを私たち自身が体内で殺す力があるかないかだ。

 

 だから昔、兵隊として満州などの「外地」に行く人たちは、

「食前食中食後に水飲むな」と言われたという。

食事と同時にお茶や水を飲めば、胃酸が薄まって、

外部から入る菌を殺せなくなる。

だからビールやお茶を飲みながら食事をするような習慣は

一番いけないというのだ。

 

 体にいいとされるものを摂取するだけではない。

人間は多分に、体にとって「敵」と思われているものも、

摂取しなければ生きていけないのだ。

しかしその場合には、その害毒を体内で薄める機能も

人間には備えられている。

その複雑さが、人間のすばらしいところなのだ。

 

 

 

             I.N.O

                        (今・・・何を・・・思う・・・)

カテゴリ:- | 08:25 | comments(0) | - | - | - |
近い 将来...

お疲れ様です。

大分 急激に 涼しくなって来ましたね〜

何事も 急は 慣れていない身体にとっては 痛いですね!

皆さん  いかがお過ごしでしょうか⁈

神奈川のKです。


ところで...今日は スマホのアプリが 私の年代の人たちが 近い将来に必要な 事柄...に付いて 

書いてあったので...取り上げます。


タイトルは...人生は 一度きり 老いる前に やるべき 7つの対策で 貴方の人生を豊かにしょう!! でしたねー


その1...何事に付いても 興味を 持ちましょう!  ボケ防止ですねー


その2...いくつになっても勉強をする姿勢

(学ぶ)


その3...やりたい事をやる!


その4...行きたい場所に 行く!


その5...会いたい人に 会う!


その6...貯金をする。

          出来るなら 不労所得を 構築する。


その7...健康管理を 徹底する!


          まぁ 当たり前の事ですが...

          ここまで書かれてて...

          残りの人生は 自分の寿命と 思えば...

          やりたい事を やる!

          やりたくない事は やらない!

          もう ストレスは 溜めたくないから...

          残りの耳も 聴こえなくなったら...

          最悪...

           

          医学も 発達して  人生  90〜100です

          よ!

          健康寿命が 皆さん 思っていると 思い

          ますが...それが 一番!!

          


今 SNSの 動画も 有るので...

手に取る様に スマホで 観れるのは 有り難い


何か 又 何時ものブログに なってしまいました。=(^.^)=m(_ _)m


地球温暖化と 言われて 久しい...

地球は 壊れているのだから 秋に なっても

害虫駆除の 問い合わせは 多いでしょう。


お困りなら  害虫駆除 プロの シロアリ奉行まで...何なりと ご連絡を お待ちしております。

令和2年 9月 25日...


カテゴリ:- | 21:16 | comments(0) | - | - | - |
秋の虫?

こんにちは岩丸です^_^

暑さもずいぶんと和らぎましたね!

あっというまに冬が来て今年も終わる

ため息でます笑

秋の虫といえば皆さんは何を思いだしますか?

私はスズムシ、マツムシ、コオロギなど綺麗な音出す虫を思い出します( ^ω^ )

たまには外で虫の声聞きながらビールってのもいいかも笑

ですが最近、気にしなくなったのか、数が減ったのかあまり聞いてない気がします(-_-)

毎日コオロギによく似たやつなら見ているのですが

こいつです。

カマドウマ

床下にはいっぱいいます(-_-)

調べてみたら雑食性でなんでも食べる!

なんでも食べるもんだからハリガネムシに寄生されてる個体も多いみたいです。

しかも手のひらぐらいでかくなるのもいる!

おそろしい(´Д` )

あなたの家の床下にもたくさんいるかも知れませよ笑

気になる方は是非無料点検を!


令和2年9月25日


カテゴリ:- | 19:13 | comments(0) | - | - | - |
秋の空🌾

施工部の大和です。


暑さも彼岸までと良く聞きますがお彼岸の連休過ぎたら一気に涼しくなって朝晩は逆に肌寒くて体調管理が大変だと思いますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?


先日、休日に家族と義理の母とドライブに行って来ました。

川場村の道の駅です。

早い所では木の葉が赤く色づいてました。🍁

名物の山賊焼きと釜焼きピザを堪能してきました。🍕

産直の野菜とかも豊富に販売してるのでオススメです。


次に向かったのは吹割の滝です。

駐車場から吹割の滝まで階段の上り降りがあるので奥さんと義理の母は日頃の運動不足のせいか筋肉痛になったみたいです😅


私も体を動かすのは好きなのですがコロナ禍でなかなか運動できませんでしたが、気候も過ごし易くなってきたのでコロナ対策を取ってランニング🏃でもしようと思います。


早いもので今年もあと3ヵ月でコロナ禍も落ち着きませんが対策をしっかり取って乗り切りましょう。

私も1日1日大事にして頑張ります。


令和2年  9月24日



カテゴリ:- | 20:21 | comments(0) | - | - | - |
今年の雨

 

どーも!防除士のトオルです(^^)

 

ここの所、涼しくなりましたね。

朝晩なんかは寒いくらいで布団を1枚増やしましたよ。

季節の変わり目で体調を崩しやすいし、

風邪でも引いたらコロナと勘違いされそうですしね💦

皆さんも体調管理に気をつけて下さい。

 

 

さて、今年は雨が多かったですね…

七月はほとんど雨ばかりでしたよね。

そのせいでしょうか?

どのうちも湿気が多いですね( ̄O ̄;)

 

 

先日点検したお宅でも…

和室をリフォームしてまだ2年くらいでしたが

床下の湿気で材木がカビだらけでした(ー ー;)

 

まだ腐れまでは行ってなかったので良かったですが…

放っておけば…

時間の問題でしょうね(ー ー;)

 

その後湿気の対策はとりました(ソデッチブログ参照)

※違うお宅なのでお間違いない様に!

 

ここ最近、点検してもらってないお宅は

腐ってからでは遅いので早めの確認をお勧めします。

 

その時は是非、白蟻奉行までご一報を(^^)

 

 

 

令和2年9月24日

カテゴリ:- | 12:41 | comments(0) | - | - | - |
秋めいてきたかな〜

シルバーウィークの4連休も終わり

過ごしやすい陽気になりました。

暑さも彼岸までと言われるのも分かります。

 

今年の夏は梅雨明けてから猛暑の日が連日続いていたので

体力がかなり消耗しましたが

ここ最近涼しくなってきたので体力が回復してきました。

 

虫たちの鳴き声も変わり秋を感じるようになりましたね。

 

虫と言えば夏始めに採取したクワガタ。

我が家の虫かごで今でも生きてます。あとメスカブト。

計2匹★

 

今まで昆虫を見て可愛いと思った事は1度もなかったけど毎日お世話をしているせいか

愛おしく感じるようになりました。

残り少ない生命かもしれませんが大事に育てようと思います。

 

カブトムシ2匹もいましたが、早々に自然界へと旅立ちました。

 

あいかわらず苦手な生き物はこちら。

今年も現れてくれました。

遠目から写真をパシャリ❗

鮮やかな出で立ちでしたよ😅

 

今年も残り3ヵ月。新型コロナに負けないように頑張ります。

以上ヨウヘイでした☆

 

令和2年9月24日

カテゴリ:- | 23:54 | comments(0) | - | - | - |
なぜ声を上げない「尖閣危機」

政治月旦

 

なぜ声を上げない「尖閣危機」

 

 

 安倍晋三首相の矜持が問われている。

「わが国の領土・領海・領空を断固として守り抜く」

と繰り返し強調してきたが、

中国には全く響いていないからだ。

中国海警局の船は連日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺

海域に押し寄せている。

尖閣周辺の領海外側にある接続水域で確認された中国公船は

10日時点で連続88日に達した。

日本が尖閣を国有化した平成24年9月以降、最長となっている。

中国の高笑いが聞こえてくる。

 

 領海侵入も頻繁だ。

今月2〜3日は30時間以上侵入し過去最長を更新。

さらに4〜5日も39時間以上侵入し続けた。

中国海警局は人民武装警察部隊(武警)に編入されており、

軍と一体化している。あえていえば「侵略」だ。

 

 5月8日に続き9〜10日も領海侵入し、日本漁船を追尾した後の

同11日、中国外務省の趙立堅報道官は記者会見で

「日本漁船が中国の領海内で違法な操業をしたため、

海域から出るよう求めた」と言い放った。

日本は「なめられている」のだ。

日本の抗議は「絶対に受け入れられない」

と恫喝を好むこのスポークスマンを許してはならない。

 

 振り返れば24年12月の衆院選で、政権奪還を目指す

野党・自民党は公約に

「尖閣諸島の実効支配強化と安定的な維持管理」と掲げた。

 

 「島を守るための公務員の常駐や、周辺漁業環境の整備や

支援策を検討し、島及び海域の安定的な維持管理に努めます」

 

 再登板した首相は25年2月1日の参院本会議で「公務員常駐」

について「選択肢の一つ」と明言した。

「公務員常駐」は同年7月の衆院選で「公約」から外れたとはいえ、

「総合政策集」で衆院選と同じ表記で明記された。

 

 ところが、26年12月の衆院選以降の国政選挙では公約、

政策集ともに「公務員常駐」が消えた。

詳しい説明は、いまだにない。

これでは「16.8兆円の財源捻出」などの公約が破綻した

旧民主党を笑えない。

 

 政府の危機感が低いのは、国民の関心が低いことも一因だ。

それもそのはず、中国の「尖閣接近」の報道はあまりにも低調だ。

 

 尖閣接近は6月16日に64日連続となり、それまでの過去最長に

並んだ。

最長記録を更新した翌日の18日付朝刊各紙(東京発行最終版)を

みると、産経が1面で報じ、読売は社会面のベタ記事、

毎日新聞は7面の2段見出し、日本経済新聞は政治面、朝日新聞は

社会面でそれなりに大きく扱ったが、東京新聞は17日付も含め

報じなかった。

 

 手前みそだが、尖閣接近を毎日報じているのは産経だけだ。

他のメディアは領海侵入の場合はそれなりに報じるが、

連日の接近程度ではニュースにすらならないということなのだろう。

 

 「力の真空」を突いて実効支配を強める中国の手口は、

冷戦終結後の1992年に米軍がフィリピンから撤退した後に

南シナ海の島々を占拠して軍事施設を構築した例で実証済みだ。

トランプ米政権が東アジアでの防衛負担軽減を唱える中、

尖閣が南シナ海の島々と同じ道をたどる可能性はおおいにある。

 

 それなのに日本国民には「侵略の危機」の情報すら

満足に示されていない。

国会では何人かの与野党議員が取り上げ、自民党外交部会は

中国への厳重な抗議を求める決議文を政府に提出した。

しかし、自民党も含めて尖閣に関し政党として中国への抗議

といった談話を出したところはほとんどない。

何かに忖度しているのか。

 

 先の国会で検察庁法改正案が廃案になったのは、

芸能人・有名人も巻き込んだインターネット上の反対運動

の盛り上がりが影響したとされる。

改正案に賛成でも反対でも結構だが、ならばどうして

日本の領海が中国に脅かされているという現実の危機には

大きな声を上げないのか。

感覚が麻痺した日本の現状は、まさに中国の思うつぼである。

 

 産経は引き続き尖閣の危機を報じる。

しかし、中国の挑発に対し、日本全体が一体となった国民運動を

展開しなければ、やがて悲劇となるだろう。 

(酒井 充)

 

 

 

             I.N.O

                        (今・・・何を・・・思う・・・)

 

 

 

カテゴリ:- | 23:50 | comments(0) | - | - | - |
湿気ちゃん

お疲れ様です

ご苦労様です

了解しました

承知しました

日本語って難しいですね

ソデッチです( ・∇・)

最近秋らしきなってきましたね

気温も涼しくなり

過ごしやすくなってきました

トンボの大群もよく見かけます( ・∇・)

ソデッチは1番の暑がりなので

これからは仕事もやりやすくなるでしょう

非常に助かりますね( ・∇・)

 

今年は梅雨が長引いたせいか

ジメジメ

ジトジト

湿気が多く感じられました

天然パーマのソデッチや

施工部のSさんも髪の毛のうねりが激しかったことでしょう( ・∇・)

湿気の影響は床下にも・・・・・

 

現在群馬県前橋市

定期巡回中です

先日伺ったお宅 床下確認してみると

 

 

湿気が強く

束柱から大引にかけ

白カビも生えてしまってます

カビも酷くなれば木を腐らせる原因です

床下通風の悪さと

地面の湿気がかなり悪さをしておりました

 

でも安心して下さい

当社であれば対策可能です

 

 

風の流れを作り出す換気扇

地面の湿気を乾かしてくれる調湿剤

相乗効果で効果は抜群です( ・∇・)

押入れがカビくさかったり

湿気でお困りの方

当社まで

令和2年9月23日

 

 

 

 

カテゴリ:- | 16:36 | comments(0) | - | - | - |
酷くなる前に!

こんにちは施工部のマナブです(^^)

暑さもだいぶ和らぎ暑がりな私にとってはだいぶ過ごしやすくなって良い季節がやって来ました( ´ ▽ ` )

けど、まだまだ白蟻の活動は活発な季節!

脱衣場の床がブカブカするとの事で、床下を確認したらこの様に根太はボロボロでかなりギリギリの状況でした!

その為白蟻は木の中を食べる虫なので、木の中にしっかり薬剤を注入し!

木の表面も薬剤でコーティングをしていきます!


また、白蟻は床下だけではなく!

この様に庭まわりに置いてある古材とかにもいる事があります!

この古材を裏返すと...。

この白いのが全部白蟻です(・・;)

もし、これが床下だと思うと恐ろしい。


白蟻はなかなか目につかない所を食害する為、酷くなるまで気付かないことも多い本当に厄介な虫です!

上の映像の様に、酷く食害される前に定期的なプロによる点検・消毒が大事なのです!

白蟻でお困りの方は白蟻奉行にお任せあれ!!!


令和2年9月23日

カテゴリ:- | 12:57 | comments(0) | - | - | - |
ラーメン好きな理由

みなさんこんにちは

防除士のともゆきです。

 

大分暑さも和らいできた今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。

 

シロアリは暑くても寒くても変わらず元気いっぱいで

一年中材木を食べています。

 

 

 

さて、今日の御宅は、

神奈川県藤沢市某所…

 

庭に設置してあったウッドデッキを数年前に処分したのはいいが

 

残った残材を地面に敷いていたという御宅。また、

 

数年前から庭で羽アリをよく見かけるようになったので心配だったとの事です

 

さっそく材木を裏返して見ると…

 

案の定、シロアリ王国が出来上がっていました!

 

シロアリの立場からすると急に自国の天井が開き、大巨人が眺めている…

 

まさに進撃の巨人状態みたいです!

 

ですが、家にとって害虫ですので一匹残らず駆逐することをオススメしました。

 

 

 

そして話は変わりますが、

 

私9月18日誕生日でして先日スーパーでこんなものをみつけました

日清食品さんから祝われたと思ってびっくりしていましたら

 

なんとカップヌードルも9月18日生まれなんですね!48周年!

 

私がラーメン大好きなのはこのせいだったのかもしれません

 

以上、防除士ともゆきでした。

令和2年9月22日

 

カテゴリ:- | 18:05 | comments(0) | - | - | - |
| 1/190PAGES | >>